2009年02月05日

箕郷の梅剪定枝

(高崎地内における自然エネルギーやバイオマス活用の事例)



 梅選定枝のバイオマス利用



  梅の一大産地である箕郷地区において、毎年大量に発生する梅の剪定枝を、施設園芸の熱源、またウメタケの栽培と商品化を目標に、梅の剪定枝をバイオマス資源として有効に活用できないかを、地元大学を中心に研究しています。



 



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
認証文字を入力してください
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
箕郷の梅剪定枝
    コメント(0)