2009年02月05日

自然エネルギーを中心とした、資源の循環システムに向けて

自然エネルギーを中心とした、資源の循環システムづくりに向けて(提案)
   
地球温暖化問題が深刻化するなかで、一般市民をも巻き込んだ民間レベルでの取り組みが重要になってきております。

 
例えばここ数年、群馬県内でも急速に広まりました菜の花プロジェクトがあります。
遊休農地に菜の花を植え、
収穫したナタネを搾り、
食用油として家庭で使用、
廃食油として回収し、
この廃油をBDFとして車の燃料にする。
車から排出されるCO2は、再び菜の花を植え吸収させるという方法です。

菜の花栽培を通して子供達をまきこんだ環境教育、食農教育としての取り組み、
また地域住民の交流の場や地域づくりにも生かされています。


このような菜の花プロジェクトのような循環システムのなかに
「小水力発電」
「バイオマスの利用」
「太陽光や風力」
なども位置づけ、地域での自然エネルギーの循環を中心とした、
環境対策、農地資源の活用、環境教育、地域づくり
をおこなっていけないかということです。


自然エネルギーを中心とした地域循環型社会にむけてのネットワークづくりができればと考えております。


※小水力発電とは、ダムを作らずに流水を利用した発電の仕組みで、小さな水路や農業用水に発電機を設置し発電するものです。
 

(活動の目標)
1.ブログ等を活用し、地域における自然エネルギー活用の事例や環境問題の情報交換と情報発信。

2.地域住民に対し環境問題やエネルギー問題への啓蒙普及。

3.市民参加型による自然エネルギーファンドの可能性を探る。

4.地域におけるエネルギーの地産地消をめざし、エネルギーの自給率を向上させる。

5.自然エネルギーによる地域興しや新たな産業の創設や雇用の可能性を探る。





Posted by エコエコエコ at 13:11
Comments(1)目指すもの
この記事へのコメント
初めまして。
秋田でも菜の花プロジェクトという活動を聞いていましたが、群馬にもあったのですね。秋田でのBDFは秋田方式という全国的にも珍しいようで、近隣からも視察に来ていると地元新聞で紹介さています。
もしかすると群馬方式もありそうですね。
Posted by もとみどり  at 2009年02月10日 21:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
認証文字を入力してください
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
自然エネルギーを中心とした、資源の循環システムに向けて
    コメント(1)